ローマの未来になり得るサッスオーロのロカテッリ、マラドーナさんの為に泣くバティストゥータさん

 

サッカー界のスーパー・スター、ディエゴ・マラドーナさんが天国に旅立ったことを受けて元ローマで彼の同胞であるバティストゥータさんは自身のTwitterで「永遠に感謝を。貴方の為に泣いています。貴方の親族に寄り添いご冥福をお祈りします…愛するディエゴ。」とTweetしました。悲しい日。マラドーナさんには永遠に生きていて欲しかった……。

 

La UEFAのTwitter「UCLの最も”年長の”ゴール。要するにフランチェスコ・トッティ。」2014年11月25日の対CSKAモスクワ戦のFKでトッティは38歳59日でUCLの最年長得点記録を樹立しました。


ローマ公式Twitter「得点は彼の仕事ではなかったが、30年前(1990年11月25日)、アウダイールさんはローマ対ボローニャ戦でローマでの彼の最初のゴールを決めた。こちらがセリエAでの彼の14のゴールである。」


Il Messaggeroによると起用できるCBがジェズスのみになる見込みのクルージュ戦。ローマのディフェンスのオプションはカルスドルプ、クリスタンテ、ジェズスでの3バック継続か4バックに変更してクリスタンテとジェズスのCBかの2つとのことです。

Corriere dello Sportによるとカラフィオーリはデビューする準備ができている。フォンセカさんはクルージュ戦でシステムを変更せず、彼は左WBか3バックの一角としてプレイし得る。ただ後者はフォンセカさんは彼よりも先にカルスドルプとスピナッツォーラを試すとみられるとのことです。

Sky Sportの記者であるアンジェロ・マンジャンテさんによるとクルージュ戦はカラフィオーリとマヨラルが先発。ジェコはベンチ・スタートとのことです。

Il Messaggeroによると11月9日にコロナウイルスの陽性反応が出ていたファシオとサントンが本日行われた検査で陰性になった。彼らはクルージュ戦には帯同しないとみられるがおそらくナポリ戦の召集メンバーには戻れるだろうとのことです。


UELのクルージュ戦の招集メンバー

PORTIERI: 13 Pau Lopez, 50 Berti, 83 Mirante

DIFENSORI: 2 Karsdorp, 5 Juan Jesus, 33 Bruno Peres, 37 Spinazzola, 61 Calafiori.

CENTROCAMPISTI: 4 Cristante, 7 Pellegrini, 14 Villar, 17 Veretout, 42 Diawara, 62 Milanese, 65 Tripi.

ATTACCANTI: 9 Dzeko, 11 Pedro, 21 Mayoral, 31 Perez, 54 Ciervo, 77 Mkhitaryan.

移籍情報

Leggoによるとディアワラは1月に荷物を纏める恐れがある。ビジャルの爆発とクリスタンテとペッレグリーニの復活は彼を5番目の選択肢にしているのだ。プレミア・リーグではウェスト・ハムとレスターが彼を望んでおり、ジャロロッシの未来はサッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリになり得るとのことです。

Il Tempoによるとカラフィオーリの将来を決定することが急務になっているがローマと2022年まで結んでいる彼の契約の更新に関しての交渉は膠着状態にある。クラブと彼の代理人である”恐ろしい”ミノ・ライオラさんの間にはすべてにおいて距離がある。ローマは固定給50万ユーロペースの5年契約で彼に装甲を施したいだろう。それに反してライオラさんはローマのオファーに比べると2倍以上となる年俸120万ユーロの3年契約を要求する。両者は互いに立場を譲らず、ローマはカラフィオーリへの提案は間違いなく適切と考えている一方ライオラさんは特に3年以上は望まないであろう契約期間の点を譲らず、イタリアとヨーロッパ周辺へ彼を売り込み始めた。印象としてはもしローマが年俸を80万ユーロに引き上げたなら、署名に達し得るだろう。そしてカラフィオーリの家族は要求をやわらげるようライオラさんをプッシュする。合意に達しない場合、ローマは1月のメルカートから、他のクラブからの彼へのオファーに耳を準備ができている。なぜならカラフィオーリの売却の可能性は、財務諸表にとって有用なキャピタルゲインを生み出すということもあるからだとのことです。

Il Tempoによるとローマはレンヌ所属のフランス人右SBブランドン・ソピー(02年生まれ)を好む。彼はがっしりした体格、優れたテクニックを持ち、Under 17フランス代表ではCBとしてもプレイし、昨日のUCLのチェルシー戦ではベンチ入りしていた。問題はレンヌの要求額で彼らは交渉を開始することに関してほぼ1500万ユーロ要求する。鍵の一つは今年もレンヌにレンタルにだされたが、買い取りOPのついていないエンゾンジになり得る。エンゾンジが受け入れるならば、差額つきのトレードは一つの方法になり得るとのことです。


コメント

このブログの人気の投稿

もう、やだ!こんなクラブ!

イタリア代表DFエレナ・リナーリ獲得へ

右SB3名、ローマの選手になるのは誰?

エル・シャラウィ、交渉は容易ではない

祝!パストーレ復活へ

サラーにはならないで、ムヒタリアン!

ジェコ、トレードのお相手は?