投稿

ローマ、プレミアリーグからボーヴェへのオファーとサイド選手の交渉が進行中

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA i移籍金が想像以上に安くて悲しかったです。 ローマとコモ、ベロッティの移籍に関して原則的な合意 https://t.co/R4uFzcywrk — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 19, 2024 移籍情報  ディ・マルツィオさんによるとローマのサイドの状況に関してはゲラ・ドゥエの交渉が進行している。一方ベッラノーヴァについてはすべてはトリノの要求次第になるとみられる。それからローマはスタンダール・リエージュのGK アルノー・ボダールについても進行している。98年生まれの彼はスヴィラルの控えをやるためにイタリアの首都にやってくるだろうとのことです。 Secolo XIXによるとスペーツィア所属で今季は850万ユーロの買い取りOP付レンタルでアタランタに行っていたサイド選手、エミル・ホルムにはインテル。ラツィオ、ユヴェントゥス、ジェノアに加えてローマもいるだろう。ローマはオペレーションのコストを理解すべく情報を求めただろう。スペーツィアの目標は彼の移籍金の50%がスナユスケにわたることから、アタランタと最初に合意していた850万ユーロを上回る額を集めることにあるとのことです。 ディ・マルツィオさんのXによるとボーヴェについてボーンマスとエヴァートンのオファーとのことです。 ディ・マルツィオさんによるとチェルシーがサム・オモロディオンについて4000万ユーロの最初のオファーを出したが、アトレティコ・マドリードに拒否された。彼にはローマとナポリもいる。オモロディオンはアトレティコ・マドリードを去ることに確信がなく、アトレティコ・マドリードは彼を契約解除上古の額であるおよそ8000万ユーロと評価しているとのことです。 Sky Sportによるとマテオ・レテギはフィオレンティーナとローマの手帳に載っている。実際、ジャロロッシはタミー・エイブラハムが退団した場合彼を狙う可能性があるが、ジェノアの経済的な要求は高いとのことです。

ローマとコモ、ベロッティの移籍に関して原則的な合意

  バイエルンがキエーザ獲得を検討? ユベントスとの契約は2025年夏まで ローマ移籍など去就大注目のキエーザだが…EURO2024終了まで将来は決まらず?|セリエA 当サイトのXより 23年前の6月17日ローマが3度目のスクデットを獲得しました。 https://t.co/7YjiSwNK19 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 クリステンセン、すご〜い! と喜んでたら私の知ってるクリステンセンじゃなかった。 あなた誰?…… https://t.co/YMz6G5Tp9K — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 日本時間6月21日(金)に開幕する『コパ・アメリカ 2024』、サッカーキング公式YouTubeにてグループステージ18試合を生配信することが決定した。見逃し配信(アーカイブ)も一定期間対応予定となっている。 やったー!アマゾン・プライムと合わしたら全試合放送かな? https://t.co/STGnThJqBT — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 18, 2024 La Gazzetta dello Sportによるとフリードキン親子はレンタルでの獲得を2-3人に制限して、価値を上げられる可能性があり、ハングリーさをもつ若い選手達により重きをおく事決めたとのことです。 移籍情報 Sky Sportの番組、 'Calciomercato - L'Originale'でディ・マルツィオさんが述べたところによると ローマとセリエAにあららに昇格したコモはボーナス込みの500万ユーロに基づきベロッティの移籍に関して原則的な合意に達した。熟考中の選手の最後のOKが欠けている。 とのことです。

ボーヴェにはプレミアリーグへの意欲がある

  ボーヴェの将来はまったく描かれていないが、イギリスへの移籍の道が彼を刺激する。ローマのユース・セクターで育ったそのMFは、パレデス、クリスタンテ、ペッレグリーニに加えて、もう一人の選手を獲得することで部門に介入するようクラブに求めたデ・ロッシのファースト・チョイスではない。その考えは現時点では不足しているキャラクター、エンジンとチェンジ・オブ・ペース備えた選手を現在のジャッロロッソのメディアーナに加えることにある。出場機会がほとんどなく - DDRの到着以来、彼は出場可能な1800分のうち974分しかプレイしなかった -、そして出場機会がさらに少なくなるリスクがあるという認識は将来に関してボーヴェを慎重に熟考させているところだ。そして今、プレミアリーグへの移籍の可能性が流行に戻る。実際、キア・ジョーラブシャンさん(ザークツィーの代理人)の代理店Sports Invest UKはイギリス海峡を越えて潜在的な買い手を見つけるという任務を託されていた。すでにここ数ヶ月で別の仲介人がオペレーションの草案を書こうとすべくリーズとコンタクトを取っていたが、そのイングランドのクラブの昇格失敗がすべてをストップした。だがプレミアリーグで 一旗揚げるというアイデアはボーヴェの中でまだ生きており、彼の側近がローマおよび彼の値札の額を設定したギソルフィさん(彼はベッラノーヴァの代理人とも会った)とすでに行われた最初の会談がある。彼の値札の額は1800万~2000万ユーロからスタートする。 Il Tempo

フンメルス-ローマ:その状況

  攻撃陣だけでない。ローマは守備の部門の強化についても取り組んでおり、ここ数時間でいわれているように、マッツ・フンメルスでそれをやる。その元ボルシア・ドルトムントのCBはジャロロッソのクラブにとって単なるアイデア以上のものになる可能性がある。実際、そのドイツ人はとりわけミュンヘンにいる息子さんのできるだけ近くにいるためにヨーロッパにとどまりたい。事実、そのDFはアラブ首長国連邦と米国からのオファーを拒否しただろう。これがローマにとって控えめなコストのチャンスとなる理由だ。 ジャッロロッソのクラブだけではない。その選手に関してはマジョルカもいる。現在そのDFがどのような決断を下すか理解する必要がある。ローマにとっては低コストの守備オプションであり、素晴らしい経験を保証してくれるだろう。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ Sky Sportによるとマジョルカとフンメルスの間ですでに合意が見いだされたとの報道は否定された。ローマは、契約期間と代理人手数料の間で、もしスモーリングがアラビアへの上陸を含む移籍を受け入れたなら、加速があるかもしれないオペレーションの実現可能性を評価中だ。フンメルスはナーゲルスマンさんから欧州選手権には招集されていない。素晴らしいシーズンの後ドイツ人達の間で多くの議論を引き起こした選択だ。 一方、デ・ロッシは喜んで彼を招集するだろうし、マンチーニとエンディカを加えた3バックについても考えているとのことです。

ローマ、売り込まれたフンメルスと具体的なアイデアになり得るピナモンティ

当サイトのXより BETSSONSPORTにてバイラミのゴール後のトッティのコメント 「冗談だろ、ありえない、やり直そうか?だから俺は監督をやらないんだ、こんなミスする選手はすぐ退場させたいからね。ディマルコ?今年ものすごく成長したさ、今日は別だけどね(笑)」 https://t.co/8oj4oWNmnX — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 Il Messangeroによるとローマのオーナーであるダン・フリードキンさんはエヴァートンの株式の94%を取得する取引をまとめた。彼はエヴァートンを買収するためにおよそ6億5千万ユーロ+前オーナーが生み出したおよそ4億ユーロの負債を補償することで合意したとのことです。  移籍情報 Sky Sportによるとローマの守備にマッツ・フンメルス。そのDFは彼の代理人が彼をヨーロッパのビッグ・クラブ達に売り込んでいるので、ボルシア・ドルトムントでの経験の後次の6月30日にフリー・エージェントになるだろう。これらの中にはイタリアの二チームもある。ミランとローマだ。ミランがその手のメルカートのオペレーションに興味がないとすれば、その一方でデ・ロッシのチームは交渉の吃現可能性を評価しているところだ。コストはフリー・エージェントではあるが高額の代理人手数料と、それからもちろん起こりえる契約期間に加えられるフンメルスの給与になるとのことです。 スペインrelevo.comによると関心が寄せられているサム・オモロディオンとは異なり、アルバロ・モラタはローマのターゲットにならないだろう。アトレティコ・マドリードはオモロディオンの残留を望んでおり、すでに彼に対するプレミアリーグからのほぼ4000万ユーロのオファーを拒否しているが、ローマは現時点でまだ正式なオファーは出していないとのことです。 TuttoMercatoWebによるとフィオレンティーナとカリアリにも好まれているアンドレア・ピナモンティはローマにとって具体的なアイデアになり得る。ローマは状況を調査する。そして、セリエB降格により貴重なピースをいくつか手放さなければならないとみられるサッスオーロの家の起こりえるチャンスに注目だ。ドメニコ・ベラルディの将来がどのようになるかわかるのを待っている間に、すでにピナモンティに関しては多くの称賛者

ローマ、右SBの獲得で合意&フンメルスで応えたいデ・ロッシ

  エヴァートン売却に進展…ローマを所有するフリードキン・グループと基本合意 当サイトのXより Aebischerの読み方が気になって調べていたらこんな時間に……。スイスは公用語が四つあるけれど、彼の場合はフランス語読みでミッシェル・アビシェル(Michel Aebischer)と私は結論付けました。 母国スイスでの名前の発音が分かる動画 https://t.co/uqohLZAsEi https://t.co/M7s7aubMen — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 15, 2024   Corriere dello Sportによるとローマ・プリマヴェーラのベンチでのフェデリコ・グイディ監督の冒険は今やエンド・ロールにあるように思われる。クラブは満了を迎える彼の契約を更新するつもりがなく、監督にはいくつかのオファー(ミラン・プリマヴェーラからのオファーとセリエCのクラブからのオファー)が届いている。ジャッロロッシのベンチの彼の後任はRoma Under 17の監督であるジャンルカ・ファルシーニさんになり得るとのことです。 移籍情報 Calciomercato.comによるとディフェンス・リーダーの噂にデ・ロッシはフンメルスのプロフィールで応えたいだろう。そのドイツ人DFはボルシア・ドルトムントとの別れを公式発表したばかりだ。今シーズン彼は35歳という年齢にもかかわらず、今でも彼を世界最高のパフォーマーの一人にしている卓越したフィジカルコン・ディションを示した。元バイエルン・ミュンヘンの選手がドイツ国外で新たな経験を試すためにヨーロッパに留まりたいという理由で、アラビアからの2つのリッチなオファーを拒否したのはこのためだ。ローマはショットのにおいをかぎ分け、コンタクトを開始しており、360万ユーロの年俸は越えられない障害ではないように思われる。フンメルスが強い誘惑を表すとすれば、ベッラノーヴァは数週間前からのローマの具体的なターゲットだ。代理人のブサルドさんはトリノに有利な条件でそのイタリア代表選手を売却するよう説得しているが、カイロ会長は2500万ユーロの要求を下げる気はないようだとのことです。 Sky Sportの記者、ファブリツィオ・ロマーノさんのXによるとローマは2007年生まれの右SBブバ・サンガレについて150万ユ

ローマのオーナー、ダン・フリードキンさんがエヴァートンの買収に合意

ナポリが強豪クラブも狙うデディッチと今夏FAとなるスピナッツォーラへのオファーを検討中 なでしこジャパン、パリ五輪に臨む18名のメンバーを発表 | サッカー女子日本代表 『ASローマ 3daysサマーキャンプ&1day短期サマースクール』開催決定及び参加者募集のお知らせ 当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA ローマ、オモロディオンに加えて、アトレティコ・マドリードのリケルメも好む https://t.co/I10tnoAwUp — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 15, 2024 イギリスSky SportsによるとASローマのオーナー、ダン・フリードキンさんがエヴァートンの買収に合意。エヴァートンの支配株主であるファルハド・モシリさんは今後48時間以内にASローマのオーナーであるダン・フリードキンさんにクラブ売却の独占権を与えることが予想される。2020年にセリエAの強豪ローマを買収したフリードキンさんの資産は61億ドル(48億ポンド)と推定されるとのことです。 Il Tempoによると現段階でのローマのプレシーズンが日程は ・7月8日に代表組を除く選手達がトリゴリアに集合し、選手のフォームの状態を評価すべく通常のメディカル&アスレティック・テストを実施。 ・トリゴリアで3週間の合宿の後、イギリスで合宿の後半戦 とのことです。 移籍情報 Il Tempoによるとカルスドルプ、ベロッティ、ショムロドフ、スモーリングの名前も載る売りに出されている選手達のリストのトップにはエイブラハムがあり、ザレススキとボーヴェ関しても熟考中とのことです。 violanews.comによるとラッファエレ・パッラディーノさんの新たなフィオレンティーナはジョナタン・イコネから再スタートしないかもしれない。そのフランス人WGは確かにヴィオラの譲渡不可能な選手の中に含まれておらず、そのためローマはその元リール選手の調査を行った。現時点では道は上り坂であるように見えるが、将来的にはジャロロッシによるさらなる深掘りの可能性も否定できないとのことです。