投稿

6月, 2024の投稿を表示しています

ローマ、プレミアリーグからボーヴェへのオファーとサイド選手の交渉が進行中

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA i移籍金が想像以上に安くて悲しかったです。 ローマとコモ、ベロッティの移籍に関して原則的な合意 https://t.co/R4uFzcywrk — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 19, 2024 移籍情報  ディ・マルツィオさんによるとローマのサイドの状況に関してはゲラ・ドゥエの交渉が進行している。一方ベッラノーヴァについてはすべてはトリノの要求次第になるとみられる。それからローマはスタンダール・リエージュのGK アルノー・ボダールについても進行している。98年生まれの彼はスヴィラルの控えをやるためにイタリアの首都にやってくるだろうとのことです。 Secolo XIXによるとスペーツィア所属で今季は850万ユーロの買い取りOP付レンタルでアタランタに行っていたサイド選手、エミル・ホルムにはインテル。ラツィオ、ユヴェントゥス、ジェノアに加えてローマもいるだろう。ローマはオペレーションのコストを理解すべく情報を求めただろう。スペーツィアの目標は彼の移籍金の50%がスナユスケにわたることから、アタランタと最初に合意していた850万ユーロを上回る額を集めることにあるとのことです。 ディ・マルツィオさんのXによるとボーヴェについてボーンマスとエヴァートンのオファーとのことです。 ディ・マルツィオさんによるとチェルシーがサム・オモロディオンについて4000万ユーロの最初のオファーを出したが、アトレティコ・マドリードに拒否された。彼にはローマとナポリもいる。オモロディオンはアトレティコ・マドリードを去ることに確信がなく、アトレティコ・マドリードは彼を契約解除上古の額であるおよそ8000万ユーロと評価しているとのことです。 Sky Sportによるとマテオ・レテギはフィオレンティーナとローマの手帳に載っている。実際、ジャロロッシはタミー・エイブラハムが退団した場合彼を狙う可能性があるが、ジェノアの経済的な要求は高いとのことです。

ローマとコモ、ベロッティの移籍に関して原則的な合意

  バイエルンがキエーザ獲得を検討? ユベントスとの契約は2025年夏まで ローマ移籍など去就大注目のキエーザだが…EURO2024終了まで将来は決まらず?|セリエA 当サイトのXより 23年前の6月17日ローマが3度目のスクデットを獲得しました。 https://t.co/7YjiSwNK19 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 クリステンセン、すご〜い! と喜んでたら私の知ってるクリステンセンじゃなかった。 あなた誰?…… https://t.co/YMz6G5Tp9K — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 日本時間6月21日(金)に開幕する『コパ・アメリカ 2024』、サッカーキング公式YouTubeにてグループステージ18試合を生配信することが決定した。見逃し配信(アーカイブ)も一定期間対応予定となっている。 やったー!アマゾン・プライムと合わしたら全試合放送かな? https://t.co/STGnThJqBT — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 18, 2024 La Gazzetta dello Sportによるとフリードキン親子はレンタルでの獲得を2-3人に制限して、価値を上げられる可能性があり、ハングリーさをもつ若い選手達により重きをおく事決めたとのことです。 移籍情報 Sky Sportの番組、 'Calciomercato - L'Originale'でディ・マルツィオさんが述べたところによると ローマとセリエAにあららに昇格したコモはボーナス込みの500万ユーロに基づきベロッティの移籍に関して原則的な合意に達した。熟考中の選手の最後のOKが欠けている。 とのことです。

ボーヴェにはプレミアリーグへの意欲がある

  ボーヴェの将来はまったく描かれていないが、イギリスへの移籍の道が彼を刺激する。ローマのユース・セクターで育ったそのMFは、パレデス、クリスタンテ、ペッレグリーニに加えて、もう一人の選手を獲得することで部門に介入するようクラブに求めたデ・ロッシのファースト・チョイスではない。その考えは現時点では不足しているキャラクター、エンジンとチェンジ・オブ・ペース備えた選手を現在のジャッロロッソのメディアーナに加えることにある。出場機会がほとんどなく - DDRの到着以来、彼は出場可能な1800分のうち974分しかプレイしなかった -、そして出場機会がさらに少なくなるリスクがあるという認識は将来に関してボーヴェを慎重に熟考させているところだ。そして今、プレミアリーグへの移籍の可能性が流行に戻る。実際、キア・ジョーラブシャンさん(ザークツィーの代理人)の代理店Sports Invest UKはイギリス海峡を越えて潜在的な買い手を見つけるという任務を託されていた。すでにここ数ヶ月で別の仲介人がオペレーションの草案を書こうとすべくリーズとコンタクトを取っていたが、そのイングランドのクラブの昇格失敗がすべてをストップした。だがプレミアリーグで 一旗揚げるというアイデアはボーヴェの中でまだ生きており、彼の側近がローマおよび彼の値札の額を設定したギソルフィさん(彼はベッラノーヴァの代理人とも会った)とすでに行われた最初の会談がある。彼の値札の額は1800万~2000万ユーロからスタートする。 Il Tempo

フンメルス-ローマ:その状況

  攻撃陣だけでない。ローマは守備の部門の強化についても取り組んでおり、ここ数時間でいわれているように、マッツ・フンメルスでそれをやる。その元ボルシア・ドルトムントのCBはジャロロッソのクラブにとって単なるアイデア以上のものになる可能性がある。実際、そのドイツ人はとりわけミュンヘンにいる息子さんのできるだけ近くにいるためにヨーロッパにとどまりたい。事実、そのDFはアラブ首長国連邦と米国からのオファーを拒否しただろう。これがローマにとって控えめなコストのチャンスとなる理由だ。 ジャッロロッソのクラブだけではない。その選手に関してはマジョルカもいる。現在そのDFがどのような決断を下すか理解する必要がある。ローマにとっては低コストの守備オプションであり、素晴らしい経験を保証してくれるだろう。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ Sky Sportによるとマジョルカとフンメルスの間ですでに合意が見いだされたとの報道は否定された。ローマは、契約期間と代理人手数料の間で、もしスモーリングがアラビアへの上陸を含む移籍を受け入れたなら、加速があるかもしれないオペレーションの実現可能性を評価中だ。フンメルスはナーゲルスマンさんから欧州選手権には招集されていない。素晴らしいシーズンの後ドイツ人達の間で多くの議論を引き起こした選択だ。 一方、デ・ロッシは喜んで彼を招集するだろうし、マンチーニとエンディカを加えた3バックについても考えているとのことです。

ローマ、売り込まれたフンメルスと具体的なアイデアになり得るピナモンティ

当サイトのXより BETSSONSPORTにてバイラミのゴール後のトッティのコメント 「冗談だろ、ありえない、やり直そうか?だから俺は監督をやらないんだ、こんなミスする選手はすぐ退場させたいからね。ディマルコ?今年ものすごく成長したさ、今日は別だけどね(笑)」 https://t.co/8oj4oWNmnX — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 17, 2024 Il Messangeroによるとローマのオーナーであるダン・フリードキンさんはエヴァートンの株式の94%を取得する取引をまとめた。彼はエヴァートンを買収するためにおよそ6億5千万ユーロ+前オーナーが生み出したおよそ4億ユーロの負債を補償することで合意したとのことです。  移籍情報 Sky Sportによるとローマの守備にマッツ・フンメルス。そのDFは彼の代理人が彼をヨーロッパのビッグ・クラブ達に売り込んでいるので、ボルシア・ドルトムントでの経験の後次の6月30日にフリー・エージェントになるだろう。これらの中にはイタリアの二チームもある。ミランとローマだ。ミランがその手のメルカートのオペレーションに興味がないとすれば、その一方でデ・ロッシのチームは交渉の吃現可能性を評価しているところだ。コストはフリー・エージェントではあるが高額の代理人手数料と、それからもちろん起こりえる契約期間に加えられるフンメルスの給与になるとのことです。 スペインrelevo.comによると関心が寄せられているサム・オモロディオンとは異なり、アルバロ・モラタはローマのターゲットにならないだろう。アトレティコ・マドリードはオモロディオンの残留を望んでおり、すでに彼に対するプレミアリーグからのほぼ4000万ユーロのオファーを拒否しているが、ローマは現時点でまだ正式なオファーは出していないとのことです。 TuttoMercatoWebによるとフィオレンティーナとカリアリにも好まれているアンドレア・ピナモンティはローマにとって具体的なアイデアになり得る。ローマは状況を調査する。そして、セリエB降格により貴重なピースをいくつか手放さなければならないとみられるサッスオーロの家の起こりえるチャンスに注目だ。ドメニコ・ベラルディの将来がどのようになるかわかるのを待っている間に、すでにピナモンティに関しては多くの称賛者

ローマ、右SBの獲得で合意&フンメルスで応えたいデ・ロッシ

  エヴァートン売却に進展…ローマを所有するフリードキン・グループと基本合意 当サイトのXより Aebischerの読み方が気になって調べていたらこんな時間に……。スイスは公用語が四つあるけれど、彼の場合はフランス語読みでミッシェル・アビシェル(Michel Aebischer)と私は結論付けました。 母国スイスでの名前の発音が分かる動画 https://t.co/uqohLZAsEi https://t.co/M7s7aubMen — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 15, 2024   Corriere dello Sportによるとローマ・プリマヴェーラのベンチでのフェデリコ・グイディ監督の冒険は今やエンド・ロールにあるように思われる。クラブは満了を迎える彼の契約を更新するつもりがなく、監督にはいくつかのオファー(ミラン・プリマヴェーラからのオファーとセリエCのクラブからのオファー)が届いている。ジャッロロッシのベンチの彼の後任はRoma Under 17の監督であるジャンルカ・ファルシーニさんになり得るとのことです。 移籍情報 Calciomercato.comによるとディフェンス・リーダーの噂にデ・ロッシはフンメルスのプロフィールで応えたいだろう。そのドイツ人DFはボルシア・ドルトムントとの別れを公式発表したばかりだ。今シーズン彼は35歳という年齢にもかかわらず、今でも彼を世界最高のパフォーマーの一人にしている卓越したフィジカルコン・ディションを示した。元バイエルン・ミュンヘンの選手がドイツ国外で新たな経験を試すためにヨーロッパに留まりたいという理由で、アラビアからの2つのリッチなオファーを拒否したのはこのためだ。ローマはショットのにおいをかぎ分け、コンタクトを開始しており、360万ユーロの年俸は越えられない障害ではないように思われる。フンメルスが強い誘惑を表すとすれば、ベッラノーヴァは数週間前からのローマの具体的なターゲットだ。代理人のブサルドさんはトリノに有利な条件でそのイタリア代表選手を売却するよう説得しているが、カイロ会長は2500万ユーロの要求を下げる気はないようだとのことです。 Sky Sportの記者、ファブリツィオ・ロマーノさんのXによるとローマは2007年生まれの右SBブバ・サンガレについて150万ユ

ローマのオーナー、ダン・フリードキンさんがエヴァートンの買収に合意

ナポリが強豪クラブも狙うデディッチと今夏FAとなるスピナッツォーラへのオファーを検討中 なでしこジャパン、パリ五輪に臨む18名のメンバーを発表 | サッカー女子日本代表 『ASローマ 3daysサマーキャンプ&1day短期サマースクール』開催決定及び参加者募集のお知らせ 当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA ローマ、オモロディオンに加えて、アトレティコ・マドリードのリケルメも好む https://t.co/I10tnoAwUp — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 15, 2024 イギリスSky SportsによるとASローマのオーナー、ダン・フリードキンさんがエヴァートンの買収に合意。エヴァートンの支配株主であるファルハド・モシリさんは今後48時間以内にASローマのオーナーであるダン・フリードキンさんにクラブ売却の独占権を与えることが予想される。2020年にセリエAの強豪ローマを買収したフリードキンさんの資産は61億ドル(48億ポンド)と推定されるとのことです。 Il Tempoによると現段階でのローマのプレシーズンが日程は ・7月8日に代表組を除く選手達がトリゴリアに集合し、選手のフォームの状態を評価すべく通常のメディカル&アスレティック・テストを実施。 ・トリゴリアで3週間の合宿の後、イギリスで合宿の後半戦 とのことです。 移籍情報 Il Tempoによるとカルスドルプ、ベロッティ、ショムロドフ、スモーリングの名前も載る売りに出されている選手達のリストのトップにはエイブラハムがあり、ザレススキとボーヴェ関しても熟考中とのことです。 violanews.comによるとラッファエレ・パッラディーノさんの新たなフィオレンティーナはジョナタン・イコネから再スタートしないかもしれない。そのフランス人WGは確かにヴィオラの譲渡不可能な選手の中に含まれておらず、そのためローマはその元リール選手の調査を行った。現時点では道は上り坂であるように見えるが、将来的にはジャロロッシによるさらなる深掘りの可能性も否定できないとのことです。

ローマ、オモロディオンに加えて、アトレティコ・マドリードのリケルメも好む

  ローマはデ・ロッシのチームのためにFWの捜索を続ける。モラタの名前に関するシグナルはないが、その代わりにジャッロロッシはオモロディオンを強く求める。とはいえ、彼に加えてローマはアトレティコ・マドリードのもう一人の若手選手、リケルメも追っている。 ジャッロロッシは細心の注意を払ってオモロディオンを追っているが、アトレティコ・マドリードはできれば彼を引き留めたく、このため彼らはすでにある4000万ユーロのオファーを断った。 このためローマは2000年生まれの若手FWロドリゴ・リケルメにも注目している。アトレティコ・マドリードは彼をおよそ2500万ユーロと評価する。 昨シーズンその2000年クラスはラ・リーガで34試合に出場し、3ゴール4アシストを記録した。 ジャンルカ・ディ・マルツィオ

FWの補強と言えばモラタ、夏と言えばモラタ、例年通り登場するモラタ

  今夏移籍の可能性もあるディバラ…本人はローマ残留望みサウジからのオファー拒否か モラタ「子供たちは僕がなぜ嫌われているのか理解できずにいる」「アトレティコで出場機会を得られないなら出て行く」 | ラ・リーガ 当サイトのXより 同じ記事かはわからないけれど、私がみたTottosportの記事には1200万ユーロの契約解除条項ではなく、(イタリアのクラブについては)2000万ユーロの契約解除条項があると書いてありました。 https://t.co/XwgdJbK9kJ — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 12, 2024  み'ぞさんのXより Note更新しました。 https://t.co/zAYu1JqrE3 — み'ぞ (@asroma_miz) June 11, 2024 Sky Sportによるとデ・ロッシのローマには5人の新スタメン選手が必要だが、キエーザあるいはソウレやボガがやってくるためにはまず選手を売る必要がある。3人で5000万ユーロ近くをもたらし得るエイブラハム、ボーヴェ、ザレフスキから、高額なサラリーを伴うレンタルの終了と幾人かの選手のレンタルからの復帰に至るまで販売中の多くのオペレーションがあるとのことです。 Sky Sportの番組、 "Calciomercato - L'Originale"にてディ・マルツィオさんが述べたところによるとローマはスヴィラルの控えとしてアルノー・ボダールに照準を合わせた。ルイ・パトリシオは契約満了を迎えつつあり、7月1日からクラブを離れるとみられ、このためローマは2ndGKとしてそのスタンダール・リエージュ所属の98年生まれの選手に興味を示しているとのことです。 Sky Sportの番組、 "Calciomercato - L'Originale"にてディ・マルツィオさんが述べたところによるとナポリと6月30日で契約満了を迎え、ローマが契約を更新しないことを決めたスピナッツォーラの間で最初のコンタクトがあっただろう。彼に関してナポリはいくつかの国外のクラブとの競合に打ち勝つ必要があるだろうとのことです。 TuttoMercatoWebによるとローマはラウル・ベッラノーヴァに確信をもって賭けることを決

ミラン・ファンの皆さんへ、ASローマでのフォンセカ監督はこんな方でした

イメージ
  ミランは元ASローマの監督であるパウロ・フォンセカさんの招聘を公式発表しました。 𝐏𝐚𝐮𝐥𝐨 𝐅𝐨𝐧𝐬𝐞𝐜𝐚 Official Statement 👉 https://t.co/8VToZbcKxv Comunicato Ufficiale 👉 https://t.co/ZTnirAMhqY #SempreMilan pic.twitter.com/mMAkh0vEBR — AC Milan (@acmilan) June 13, 2024 ミラン・ファンの中には パウロ・フォンセカ?DAZNの番組、FOOTBALLFREAKSで北川義隆さんがキレ芸のネタにしていた監督さん くらいの印象しかないという方もいると思うのでASローマでのフォンセカさんがどのような方だったか、簡単にではあるけれど、ご紹介させてください。 まずフォンセカさんの基本プロフィールやASローマの監督に就任する前の情報に関しては以下の過去記事をご覧ください。 パウロ・フォンセカさん解体新書 ASローマでの1年目 フォンセカさんの当初のサッカーのコンセプトはこんなものでした。 Il Messaggerによるフォンセカさんのサッカーのコンセプト pic.twitter.com/Eos0LNfU2C — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) August 2, 2019 けれどこのコンセプトはあまりにも攻撃的すぎて、得点力も凄いが失点も多く、思うように結果が伴いませんでした。 そしてフォンセカさんはゼマニアーノ(超攻撃的サッカーで抜群の得点力を誇るがその分失点も多いことで知られる元ASローマ監督のズデニェク・ゼマンさん愛好家の意味)と呼ばれるようになりました。 これではいけないということで ボールをポゼッションし敵陣地でプレイする積極的なチームという原則はそのままに幾つかの変更点を加え4-2-3-1を認めながらゲームシステムを修正。カメレオンのような感じで絶えず流動的なものにしました。以下その修正内容を図にしたものです。 ・できれば右SBはディフェンス・ラインに残るか少なくと左SBと交互に上がる。 ・攻撃時左SBは1TOPのラインまであがり右WGと3トップを形成。 ・攻撃時図の赤色の□は低い位置に残ってバランスをとる。 ・攻撃時図

キエーザに関するゲームは長く、困難で、複雑になるだろう。 だが不可能ではない。

  Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによると キエーザに関するメルカートのゲームは長いが、最初のステップは成し遂げられた。 ローマはそこにいる。フェデリコ・キエーザが新生ローマにおいて担うであろう中心的な役割を代理人に説明するための最初のステップに。彼はデ・ロッシの技術的優先事項である。チアゴ・モッタさんのユーヴェの新たな路線の中では負わないであろうまさに中心的役割の。 ラマダニさんはギソルフィさんとリナ・スルクCEOの両方が交渉のテーブルで示したローマの強い関心を個人的に心に留めた。そのCEOはますますフリードキン親子のオペレーションのインターフェイスになっている。 オペレーションには時間とお金が必要だ。 時間は欧州選手権を意味している。選手がメルカートに出る時期に、つまりは契約更新がありそうになく契約満了まであと1年という時期に、当然活用したい国際的なショーケースを。 お金は移籍金と年俸を支払うために必要なリソースである。26歳の偉大な選手が関与するすべてのオペレーション同様過酷なオペレーション。売りに出されている戦略に合わないおよそ10名の選手達によってローマの前に届く経済的リソース。完了するのが容易ではなく、時間がかかるオペレーションたち。このため彼らがイタリアの首都での会談後に取った待機はすべての当事者に好都合だ。デ・ロッシは魅力のある人物である。彼を待ち、"後押し"し続ける。 デ・ロッシは彼にエンジンのキーを渡すだろう。彼に言うだろう。やってやれ。エンジンをふかして、アクセルを踏み込み、タイヤをスリップさせてきませ、楽しんで、前回の欧州選手権で皆を夢見させた者に戻ってこいと。ゲームは始まったばかりだ。きっと長く、困難で、複雑になるだろう。 だが不可能ではない。 とのことです。

多くのプレミアリーグのクラブがエイブラハムを熱望?

WG補強目指すローマ、今季ブンデスで8G13Aのアタッカーに関心 Xより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA Sky SportによるCFのローマのファースト・チョイスとは https://t.co/AfWQcXu146 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 12, 2024 注意点! ユーロはAbemaで見れるけど来シーズンのCLとELはWOWOWで放送されます!このお得のパックはユーロの期間中にしか販売されていないのでユーロが無料だということで買い忘れないように気をつけてください!!ユーロが終わるとこのパックは買えなくなります!必ずユーロ期間中に買いましょう! pic.twitter.com/fr9jUCSV36 — ラフマニ (@RAFMANI_Kashima) June 10, 2024 フラッテージ、La Repubblicaにて Q子供の頃はラツィアーレ、それともロマニスタ? それは言わない。両方のユニフォームでとても快適だったよ。 Qカルチョのアイドルは誰? 技術的にはマルキージオ、気質的にはデ・ロッシ https://t.co/iFajjqNCWm — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 11, 2024 ポーランド対トルコ戦にてザレフスキの決勝弾を決めました! pic.twitter.com/EZdRLbYmBN — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 11, 2024 イタリア代表の国歌斉唱のリハーサルをするマンチーニとクリスタンテです。 https://t.co/pkFYF7YS43 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 12, 2024 【RCTスペース ロマニスタみぞ イタリア旅行記】 https://t.co/chhBCWR7g4 — ROMA CLUB TOKYO (@romaclubtokyo) June 11, 2024 La Repubblicaによるとローマはピエトロ・ベラルディ前CEOとの雇用に関する訴訟で敗訴し、21万ユーロの支払いを命じられた。ローマ側の判決文にあるように«解雇の根底となる正当性や正当な理由の欠如»があった。それゆえ、前監督への賠償の義務がある。同じ理由を

Sky SportによるCFのローマのファースト・チョイスとは

  ディ・マルツィオさんによるとサイドの補強候補についてローマが最も気に入っているプロフィールの中には依然としてリールのティアゴ・サントスとトリノのラウルベッラノーヴァの両方がいるとのことです。 Sky Sportの番組、"Calciomercato - L'Originale"にてディ・マルツィオさんは 本日フェデリコ・キエーザの代理人、ギソルフィさん、スルクCEOの間で会談が行われた。まだユヴェントゥスとの交渉はないが、取引は成立可能とみられる。その代理人がジャッロロッソのプロジェクトに対する選手の関心を認めたのだ。とはいえキエーザはユーロが終わるまで待ちたい。 ローマの攻撃の補強に関するファースト・チョイスはアトレティコ・マドリードが保有し、今季はアラベスにいた2004年生まれの若手、サム・オモロディオンになるだろう。ローマはすでに4000万ユーロほどとそのCFを評価するアトレティコ・マドリードとコンタクトを開始しただろう。さらにオモロディオンに関してはナポリとの競合もあるだろう。 と述べました。

ローマ、キエーザの他に元サッスオーロとアタランタの選手も考える

  ローマは今カルチョメルカート・セッションでサイドを強化し、ダニエレ・デ・ロッシに新たなWGをプレゼントしたい。すでに語られたようにジャッロロッソのクラブはフェデリコ・キエーザを追っており、今週その97年生まれの選手の代理人と会うとみられる。 今週中にフェデリコ・キエーザの代理人、ファリ・ラマダニさんがローマと会うとみられる。だがその97年生まれの選手と彼の側近は将来を決める前に欧州選手権の終わりを待ちたいだろう。 すでに明らかにしたようにキエーザは現時点ではチアゴ・モッタ監督の計画には含まれていないようで、夏にはユヴェントゥスから売却される可能性もある。 とはいえ将来に関してはEuro 2024が終わるのを待つとみられる。実際、キエーザは、アッヅッラのユニフォームで良い成績を収めるべくこの重要なトーナメントに引き続き集中したい。  ローマの考えの中にあるのはフェデリコ・キエーザだけではない。ジャッロロッソのクラブの考えにはすでにサッスオーロとアタランタのユニフォームを着てセリエAでプレイしたことのあるジェレミー・ボガもいる。 ボガは昨夏、スポーツ・ダイレクターがギソルフィさんだったニースによって買い取られた。そのためそのフランス人幹部はその選手を高く評価しており、彼の代理人である、ファリ・ラマダニさん(キエーザと同じ)と彼について話をする可能性がある。 すでに述べたように、ラマダニさんは今週ローマと会談するとみられ、そのため当事者達はわずか1年後にイタリアに戻る可能性があるボガについても話し合う可能性がある ジャンルカ・ディ・マルツィオ

ローマはユーヴェのソウレ(スーレ)を好むが、彼の到着はディバラに関連している

  当サイトのXより やったー!WOWOWでEUROがみられる!WOWOWさんありがとう! コパ・アメリカも一応見られるようになったし本当にうれしい! https://t.co/2J5itV2XqX https://t.co/x8icEfKEeh — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 8, 2024 ねこたんさんのXより Ciao tutti! ロマニスタ女子会(ZOOM) 6/15(土)21:30〜 雑談メインになりそうやけどよかったら参加してな! カメラOFFでも参加OK🙆 参加希望はDMでよろしくやで〜✉️ — ねこたん (@roma_nekotan) June 8, 2024 Il Tempoによるとデ・ロッシはイタリアサッカー選手協会が主催するイベント、Coach Experience に出席し、その中でギソルフィさんについて 僕達は良い仕事をしているところだ。僕達はお互い見ず知らずで、例え英語でコミュニケーションをとるとしても、異なる二つの言語を話すけどね、何が起こってもおかしくなかった一方で僕達は上手くぴったりと合ったよ。ギゾルフィさん、彼の協力者であるシモーネ・リッキオさん、リナさん、マウリツィオさん、そしてすでに僕と仕事をしたすべての人たちとね。 と述べたとのことです。 Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによるとエヴァートンについてフリードキン親子の側から買収のオファー。彼らはプレミアリーグへの参入を望むが、ローマからの逃避はないとのことです。 移籍情報 Il Tempoによるとスピナッツォーラの将来はフリードキンさんが援助しなければならない山のような出費と起こりうる1年の契約延長に関してデ・ロッシのOKがあることを踏まえると、危うい均衡を保ったままだ。要はスピナッツォーラの側近に何の明確な結論も届いていないとのことです。 La Gazzetta dello Sportによるとローマはユーヴェのソウレ(スーレ)を好むが、彼の到着はディバラに関連している。ローマは彼で起こりえるディバラの退団をカヴァーするだろう。ソウレのコストは少なくとも2500万ユーロであり、その半分はディバラの1200万ユーロの契約解除条項によって賄われ、一部は給与の節約分(来季ディバラの年俸は800万ユーロになると

モウリーニョさんがローマを非難「私が去ってから何も変わっていない。彼らは勝つためにプレイしていない」

  モウリーニョさんはポルトガル対クロアチアの親善試合の前に RTP3のマイクに 私がフェネルバフチェの提案を受け入れるきっかけとなったものは、勝つ(優勝)するためにプレイする、勝つために率いるのが恋しかったからだ。ローマで私は勝つためにプレイしなかった。 ローマは勝つためにプレイしていた何故なら私がいる時私は常に勝つためにプレイするからだと言われるが、それは真実ではない。なにしろ私が去った時から、リーグ戦の終わりまで何も変わらなかったくらいだ。我々がヨーロッパの大会で達成した少々枠組みから外れたことだったが国内レベルでは競うことができなかった。 と述べました。

キエーザだけじゃない。ローマが興味を示すもう一人のユーヴェのWG

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA トッテナムとウェスト・ハムがエイブラハムの獲得レースに加わる https://t.co/zcnl8j8Rux — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 8, 2024   移籍情報 ディ・マルツィオさんによるとキエーザの仮設だけではなく、ローマの本部ではサイド、特に右サイドに熱心に取り組む。ラウル・ベッラノーヴァの目標が持続するが、それだけではない。ローマはリーグ・アンにも注目する。レンヌ所属のゲラ・ドゥエにつなるであろう道が評価されている。そして今のところの夢はリール所属のティアゴ・サントスだとのことです。 ディ・マルツィオさんによるとメルカートの最初の数日間でローマの関心を集めたもう一つのプロフィールはスロヴァキア人MFのトマーシュ・ススロフだ。エッラス・ヴェローナのユニフォームを着て過ごしたセリエAでの最初のシーズン、ススロフは素晴らしいスキルとクオリティを示し、ゴールとアシストの両方で何度か決定的な役割を果たした。いずれにせよ、この件でもローマがさらに深掘りするか理解する必要があるとのことでし。 ディ・マルツィオさんによると攻撃の補強に関してここ数週間で素性する最初の名前の一つはキエーザだ。選手の代理人であるファリ・ラマダニさんは数日後にはイタリアの首都にいて彼についてローマと話をするとみられる。だがジャッロロッソのメルカートに関して浮上する名前の中にはユーヴェの別のWG、今季はフロジネーネにレンタルに出ていたアルゼンチン人のマティアス・ソウレ(スーレ)もいる。その03年生まれはデ・ロッシにもとても好まれるが、今のところ具体的な措置は講じられていないとのことです。 藤坂ガルシア千鶴さんのXより ユベントス所属で今回アルゼンチン代表に初招集されたMatías Soulé。苗字のカタカナ表記をどうするべきか知りたくて知り合いの記者を通して本人のお父さんに確認したところ、発音は「ソウレ」。でも元々フランス語の名前なので欧州では仏語的に「スーレ」と呼ばれることが多い、とのことでした。 pic.twitter.com/Z0OoYuVzNl — 藤坂ガルシア千鶴 Chizuru Fujisaka de García (@chizurufgarcia) Novembe

トッテナムとウェスト・ハムがエイブラハムの獲得レースに加わる

Relevoの記者、マッテオ・モレットさんのXによると現時点ではフェデリコ・キエーザはローマの優先事項に含まれていない。ジャロロッソのクラブは他の特徴を備えた異なるプロフィールに集中しているとのことです。 La Gazzetta dello Sportによるとローマとマッテオ・ポリターノの道が再び交差する可能性がある。実際そのナポリのWGはロベルト・マンチーニさんのテクニカル・コラボレーターだったときに代表チームで一緒にいたため、彼のことをよく知っているデ・ロッシにもとても好まれている。ポリターノとナポリはこの前の1月に2027年の6月30日まで契約を更新し、選手はリッチな契約を有するが、年俸320万ユーロと許容できないものではない。そして市場価値は1200万~1500万ユーロほどだ。つまり(彼が8月3日に31歳になるという事実も考慮すると)重要な額だが手首を震えさせるほどではないとのことです。 イギリスteamtalk.comによるとトッテナム、ウェスト・ハム。アストン・ヴィラがエイブラハムの状況をモニターしており、 別の報告では ボーンマスとレスター・シティも興味を示していることを示唆している。ローマは少なくとも4000万ポンド(およそ4700万ユーロ)を要求しており、エイブラハムはイタリアの首都での3年間の後プレミアリーグへの復帰を熱望していることを示唆するいくつかのソースがあるとのことです。 Il MessaggeroはローマCFの補強候補について より高価な選手達はジョナサン・ディヴィッドとフェイエノールトのサンティアゴ・ヒメネス より手頃なのは1750万ユーロの契約解除条項があるギラシ。とはいえ代理人を満足させる必要があるだろう。 価値があるにもかかわらず大衆を熱狂させない若手のカリミュエンド=ミュインガ ロー・コストだが容易くゴールを決めるブラガのシモン・バンザ を挙げ、全員あるいはほぼ全員がエイブラハムの放出に依存するとしています。

ローマ、キエーザだけではない。ヌアマもリストに

トッテナムとウェストハムが FWエイブラハムを巡り争奪戦!? 売却に前向きなローマは4000万ポンドで退団容認か アブラハムにプレミア5クラブが関心か…売却に前向きなローマは約80億円で退団容認? 当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA 長続きするモデルを構築、もはやセリエAの3位になることができないだろう給与総額 https://t.co/rGt59rm2rw — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 7, 2024 イギリスBBCの記者さんによると我々が以前伝えたように、私はハワ・シソコは今夏女子のウェスト・ハムを去る可能性が高いと理解しており、ローマが彼女の獲得を望んでいると考えるとのことです https://t.co/5ogmVANWYT — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 7, 2024   gazzettaregionale.itによると昨日の会合を経て、ジャンルカ・ゴンバールさんがローマのユース・セクターのジェネラル・ダイレクターの辞表を提出した。 彼の後任にはニースのチームマネージャーであるシモーネ・リッキオさんの名前が浮上しているとのことです。 移籍情報 TuttoMercatoWebによるとローマがノーリッジ時代にも興味を示していた現ボーンマス所属のイングランド人右SBマックス・アーロンズが流行に戻る。彼について新たなコンタクトとのことです。 イギリスSky Sports Newsのリポーター兼プレゼンターのDharmesh ShethさんのXによるとニューカッスル・ユナイテッドはDFロイド・ケリーを獲得すべく交渉中のままだ。議論は進んだ段階にあるが、今のところ完全合意には至っていない。ローマとアトレティコ・マドリードも興味を示している。ボーンマスはケリーが今夏の契約満了次第クラブを去ることを認めたとのことです。 La Gazzetta dello Sportによると左SBの補強候補はサッスオーロのジョシュ・ドイグだけではなく、元ローマの二人、アストン・ヴィラのリュカ・ディニュとウェスト・ハムのエメルソン・パウミエリもいる。事実、ギソルフィさんの手帳には彼らも載っている。この二人はギソルフィさんに気に入られており、特に1月にニースに連れてくることを望

長続きするモデルを構築、もはやセリエAの3位になることができないだろう給与総額

  Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによると 取り組みが進行中。 キエーザに関しては第一ゲームをプレイ(開始)するだろう。それは彼らの試合運びの特徴が理由でデ・ロッシに最も気に入られているプロフィールだ。来週中の代理人との会談はその懸案を掘り下げるのに役立つとみられる。スタメン組のチームを改良するために監督の指示に従うべくクラブの最初の対応となるだろう。取り組みの着手が進行中だ。長続きするモデルを構築するための3年間。構造的な目標がこれであり、デ・ロッシへよ3年間の契約とギソルフィさんへの同じ期間の契約を通じての目標だ。始まったばかりの共通の取り組みである。 持続可能性はオーナーから届いた最初のインプットだ。それは6年間欠場するチャンピオンズ・リーグによりもはやセリエAの3位になることができないだろう給与総額を意味する。ルカク、レナト・サンチェス、アズムンの高額給与達のレンタル終了による退団はクラブの金庫に更なる活力を与えるだろう。 クラブから漏れ出るもう一つの条件はまず売って、それから買うだ。ギソルフィさんはノンストップの夏の始まりにいる。彼は戦略上にない選手およそ10名を売らねばならないとみられる。それはスタメン組ではない選手達を捨てることを意味する。これらのうち、エイブラハム、ボーヴェ、ザレフスキは若く、市場で潜在的な価値を持つので、改善すべく狙いを定めた役割に再投資するために小さなお宝を資本化すべく犠牲になる可能性がある。つまりサイド選手2人、MF1人、FW2人だ。3人の売却は4000万〜5000万ユーロをクラブの金庫にもたらす可能性がある。スモーリングからチェリキ、カルスドルプからアウアールに至るまで販売中の他の選手達に関してはギソルフィさんのまあまあな奇跡が必要だろう。だが、ほかの獲得をたやすくするためこれらのさらなる売却はデ・ロッシのニーズにより近い陣容を与えるのに寄与するだろう。 とのことです。

デ・ロッシの教え子の獲得の可能性とポリターノとのコンタクト

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA キエーザとローマ、代理人と会談予定 https://t.co/CMEF2yrFq5 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 6, 2024 スパッレッティ監督がイタリア代表を動機付けるべくアントニョーニさん、リベラさん、デル・ピエロさん、トッティ、バッジョさんのイタリア代表歴代背番号10、ファンタスティチ・チンクエをコヴェルチャーノに招きました。 バッジョさんとクリスタンテの抱擁! https://t.co/gDZJYdoLUi — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 5, 2024 natoさんのXより 【Sky】ローンはミランがルカクを獲得する上で興味を持っている唯一の移籍形式だ。現時点でチェルシーはローンに応じていない。 #ミラン #ルカク https://t.co/sXYnUUxbbU pic.twitter.com/WncpissgmX — nato (@nattou2017) June 4, 2024   アルゼンチン人よりもさらにマテ茶を飲むというウルグアイ人で、ローマのアシスタントコーチであるジャコマッツィさんはRADIO TV SERIE A CON RDSのインタビューの中で マテチャを飲むアンヘリーニョも見た。 彼にマテ茶を紹介したのはトルコにいるウルグアイ人GKムスレラだった と述べました。 移籍情報 Il Messaggeroによるとデ・ロッシはローマに残ることができるだろうと伝えるためにクンブラと話をした。このためジョレンテの買い取りは遠ざかりつつある。いずれにせよもしクンブラに破棄できないと考えられたオファーがくれば、彼は売られるとみられるとのことです。 Il Tempoによるとデ・ロッシが喜んでキープするであろうと同様に本人もイタリアの首都に喜んで残るであろうスピナッツォーラの代理人とクラブの間の契約更新に関する接触はまだない。ヨーロッパ及び国外のクラブ達はすでに問い合わせをしているが、例え、明らかに無限に待てるわけではないにしても、スピナッツォーラのプリオリティはローマに残ることだとのことです。 Corriere dello SportによるとセリエBのSPALで現カリアリのマッテオ・プ

キエーザとローマ、代理人と会談予定

  ディ・マルツィオさんによるとユヴェントゥスは来季に向けて計画を立て始めているところだ。ユーヴェにおけるカルチョメルカートの "生贄にできる選手"はアッヅッロでドイツでの欧州選手権に臨む準備をしているフェデリコ・キエーザであるように思われ、彼にはローマの強い関心がある。この数時間での新しい情報は選手の代理人であるファリ・ラマダニさんが来週イタリアの首都にいるだろうということだ。ジャッロロッシとの会談があるだろう。ただ特にキエーザについて話すのか、それともラマダニさんのマネジメントするほかの選手達についても話すのかは理解する必要がある。両クラブ間の起こりえる交渉はまだまったく定まっていない。例えば現金の支払いに関して議論可能かどうかや、技術的大商がかかわることになるのかどうかを知る必要がある。間違いなく考慮すべき他の側面もある。欧州選手権は3年前と同様に自分自身をアピールし、いくつかの国外クラブの注目を自身に引き付ける可能性もある元フィオレンティーナのWGにとってショーケースとなるかもしれない。確かに、状況は今後数週間から数ヶ月で変化する可能性があるとのことです。 Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによると キエーザはデ・ロッシがローマを強化するために1位においたプロフィールだ。 2025年に契約が切れる。 代理人とオペレーションの余地を理解する。 ローマには売却も必要だ。プレミアリーグに市場があるエイブラハムから始まり、重い給与を解放するであろう。 とのことです。

ローマ、フンメルス浮上とプレミア・リーグへの移籍にオープンなディバラ

  「神対応すぎる!!」名門ローマの新星イケメンMFと日本人女性ロマニスタの約1年半ぶりの再会シーンが話題!「トレーニングウェア貰っとるやんけ!」と驚きの声 浦和残留の可能性?ソルバッケン、マルメ移籍が暗礁「ローマは2億円要求」 浦和のソルバッケン、マルメ行き取り沙汰されるも給与面が障害に… 当サイトのXより Corriere dello Sportによると ・CFのジョナサン・デイヴィッドはキエーザのような重要なWGを1人か2人獲得できない場合のプランB ・WGの獲得に成功すれば、ローマはCFについて新たな戦略を研究し得る ・エイブラハムを残し、あまりお金をかけずにもう1人良いCFを獲得、あるいはディバラの偽9番 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 4, 2024   La Gazzetta dello Sportによるとローマはデ・ロッシとの契約更新をこの数日中に正式化するとみられる。監督はトリゴリアのオフィスで3年契約に署名し、およそ250万ユーロの年俸を受け取るとみられるとのことです。 移籍情報 Leggoによると左SBについてはウェスト・ハムから売りに出されている元ローマのエメルソン・パウミエリへの情滅の再燃に注意だとのことです。 Corriere della Seraによると困難ではあるが魅力的なディフェンスに関するアイデアのひとつはブンデスリーガで367試合に出場し、先週土曜日にレアル・マドリードに対するチャンピオンズ・リーグ決勝を戦ったチームであるドルトムントとの契約が満了を迎える35歳のCBマッツ・フンメルスだ。彼は鉄人(今季リーグ戦25試合、チャンピオンズ・リーグ13試合、ドイツ・カップ2試合に出場)であり、ドイツ代表として78試合に出場、5ゴールと際経験も豊富だ。彼はドルトムントで税込み年俸でほぼ800万ユーロを稼いでいるが、3年目のOP付付き2年契約に関しては少し額を引き下げる意思があるだろう。今後数時間のうちに彼はドルトムントとの契約更新の扉を再び開くか、それとも別れを告げるかを決めるだろう。彼はアラビアにもアメリカにも興味はないとのことです。 La Gazzetta dello Sportによるとディバラが依然としてローマに残りたいのは確かだ。ローマはラ・ホージャ(スペイン語で宝石の意。ディバラの相性の

ローマがまとめたい最初の取引

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA ローマ、ペッレグリーニにいくつかの英国のクラブの関心があるだろう https://t.co/9gmEvsEArj — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 4, 2024 ローマのSDに就任したギソルフィさんがローマの街に到着しました。彼はメディア嫌いで表に出てくるのを好まないタイプと報じられていて、記者さんの質問に笑顔は見せたものの答えることはありませんでした。 pic.twitter.com/EE6nesj3zz — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 4, 2024 移籍情報  ディ・マルツィオさんによると明日はギソルフィさんとオーナーの間の会談が予想される。ローマがまとめたい最初の動きはリーズからジョレンテの再獲得だ。そのDFはジャッロロッソでのこの数ヶ月間でデ・ロッシを納得させた。オペレーションの移籍形態を理解する必要があるとのことです。 ジャーナリストのニコロ・スキラさんのXによるとスピナッツォーラハフリーエージェントでローマを去る準備ができている。ローマは彼の契約を延長しないことにしたとのことです。 Il Tempoによるとローマは今季降格したサッスオーロの左SBジョシュ・ドイグを売り込まれただろう。だがギソルフィさんはブレスト所属の2002年生まれのフランス人左SBブラッドリー・ロッコを追っているだろうとのことです。 フランスWeekend Magazineによるとギソルフィさんは攻撃陣の最初の補強をレンヌのアルノー・カリミュエンド=ミュインガに特定したようだ。彼は既にローマ上陸の可能性について話し始めるべく選手の代理人との会談を予約した。選手の評価額は2000万ユーロほどとのことです。 プリマヴェーラ情報 女子のセリエAの最優秀DFにローマのリナーリ、最優秀FWにローマのヴィエが選ばれました。リナーリは2年連続の受賞、ヴィエは今季24試合に出場し14得点6アシストを記録し得点王に輝いていました。二人ともおめでとう! 𝕄𝕍ℙ eBay 🏆🌟 𝗦𝗧𝗔𝗚𝗜𝗢𝗡𝗘 𝟮𝟬𝟮𝟯-𝟮𝟰 ⚽️ Miglior difensore ⚔️ 👏 Elena Linari, Roma 🟡🔴 #

ローマ、ペッレグリーニにいくつかの英国のクラブの関心があるだろう

Il Tempoによると中盤に関して、パレデスとクリスタンテの残留は確実、監督が頼りにしたいだろうもう一人の選手はペッレグリーニだが、彼に関してはここ数日のうちに2026年に契約の切れる彼に関して最初の調査を行ったいくつかの英国のクラブの関心があるだろう。アウアールとボーヴェに関しては二人とも夏のトレーニング・キャンプの間に監督によって評価されるが、選手の価値に見合ったオファーが届けば、完全なキャピタルゲインを得ることになるので、道は分かれるだろう。レナト・サンチェスはPSGにレンタル・バックするとのことです。 ジャーナリストのニコロ・スキラさんnoXによるとアウアールは夏のメルカート期間中にローマを去り得るとのことです。 ジャーナリストのニコロ・スキラさんのXによるとニコラ・ザレフスキは夏のメルカート期間中にローマを去り得るとのことです。 La Gazzetta dello Sportによるとローマは7名の攻撃陣の退団が予想されている。レンタルが終了するルカクとアズムン、将来の構想に含まれていないベロッティ、ショムロドフ、ソルバッケン、そしてザレフスキとレスター・シティに気に入られているエイブラハムだ。彼らの放出は2100万ユーロの給与の節約を意味するだろうとのことです。

ローマがものすごく気に入っている二人のFW

  当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA ディバラは残り、優れた選手達の売却はない:ローマの戦略 https://t.co/TNVNqnSqLO — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 2, 2024 これを読んでラツィオの言い分は筋が通っていると思いました。ファン達や監督さんの信頼を得ていたのだからラツィオに残って欲しかったです。今回の件で先人達が築き上げきた日本人の良いイメージが傷ついたとしたら残念です。 https://t.co/yTALmprEVf — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 2, 2024 ベロッティのドッピエッタを含む3得点でフィオレンティーナがアタランタを粉砕。やっぱりベロッティがNo.1!ベロッティがNo.1! https://t.co/LKXkRuHPqe — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 3, 2024 移籍情報 La Gazzetta dello Sportによるとフランスからギソルフィさんは補強のメルカートをモニターし続けている。最近では今季ウェスト・ハムへレンタルされていた、マンチェスター・シティ所属のMFカルヴィン・フィリップスのレンタルが提案された。ギソルフィさんはもちろん耳を傾けたが、その選手が年俸ほぼ800万ユーロを稼いでいることを踏まえると、このオペレーションは非常に困難だとのことです。 Corriere della Seraによるとローマはここ2シーズンで43得点を記録したリール所属の24歳のカナダ人、ジョナサン・デイヴィッドをものすごく気に入っている。彼には2025年に満了を迎える契約があるため、およそ4000万ユーロに彼の値札の価格が«引き下げられた»格好だ。彼は200万ユーロ未満の年俸を稼いで、ローマにとっては(エイブラハムの売却に成功するという条件で)持続可能な投資になるだろう。とはいえ数日前まで彼を指導していたフォンセカさんのミランととりわけアトレティコ・マドリードとの競合に打ち勝たねばならない。ローマはライプツィヒで18得点を記録した、21歳のスロヴェニア人FW、ベンヤミン・シェシュコもものすごく気に入っている。だが、彼の獲得には少なくとも5000万~6000万ユーロ必要

ディバラは残り、優れた選手達の売却はない:ローマの戦略

  収益の増大と多くの連続的なチケットのソールド・アウトのおかげで、クラブの会計は改善している。ローマが復帰するのを望む場所、チャンピオンズ・リーグに相応しい観衆だ。とはいえ今季逃した出場資格は優れた選手達の売却にはつながらないとみられる。つまり出ていくのは戦略に沿っていない選手達か、あるいはルカクのようなレンタルの終わる選手達だ。そしてディバラの確実性から再スタートする。 チャンピオンズ・リーグ出場を逃した反動は優れた選手達の売却にはつながらない。これがクラブから届く強力かつ明確なメッセージであり、出ていくのは戦略に沿っていない選手達か、あるいはルカクのような、レンタルの終わる選手達だけだ。一方ディバラはローマが来シーズンについても許容可能とみられる年俸800万ユーロの贅沢な選手だ。 このすべてはローマ内部の会計の著しい改善のおかげでもある。実際、直近の四半期決算の結果はクラブの収益が17%増加したことを明らかにした。2シーズンで総額2500万ユーロをもたらした新しいメイン・スポンサーに関連した増大だ。57試合連続のチケットのソールド・アウト記録も会計の改善に大きな影響を与え、クラブのデータによれば、シーズン中のオリンピコの観客動員数は170万人という節目を達成した。 最高峰の国際的な大会への復帰を願うチャンピオンズ・リーグに相応しい観衆。1200万ユーロの契約解除条項と2025年に満了する契約があるディバラを含むビッグ・プレイヤー達をキープしながら。とはいえもう1シーズンについてのクラブと選手の意向は一緒に続けることだ。 Sky Sport(アンジェロ・マンジャンテ記者) ちなみに フェネルバフチェの監督に就任したモウリーニョさん。Il Messaggeroによると同クラブの2人の新会長候補の1人、アジズ・ユルドゥルムさんは記者会見の中で「モウリーニョさんがした要望を君らに明かす。彼はルカクを望むが、ディバラも望む。」と述べたとのことです。

ローマ、カリアリが最低2000万ユーロを求める選手に注目か

モウリーニョがフェネルバフチェの監督就任へ 現地2日にホームスタジアムで正式発表か 当サイトのXより 本日投稿しました。 #ASRoma #SerieA ローマはピッチの外でも成長:収益とコストの間で飛躍 https://t.co/qknQZdQoCJ — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 2, 2024 静岡のこはっとさんが開催されているロマニスタサッカーしりとり会。私も前回見学させてもらったけれど、色々な方のお話がきけて楽しかったです。興味のある方は是非。 https://t.co/EoBmjBvJSS — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 1, 2024 ソルバッケン、初アシスト!おめでとう! https://t.co/D9ni1otsns — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 1, 2024 ソルバッケン強気!この言葉ローマでも聞きたかったです。 https://t.co/6TzR0WNy11 — AS ROMA電子報告 (@asroma_dempo) June 1, 2024 移籍情報 スペインrelevoによるとレアル・ベティス所属の06年生まれのスペイン人CBアレックス・ペレスに最も興味を示したクラブはインテルだったが、彼らはオーナーの交代が原因でいかなるコンタクトも中止した。そのインテルの空けたスペースに、例え現時点でオファーは出されていなかったとしても、ローマとウディネーゼが名乗りを上げたとのことです。 Corriere dello Sportによるとフィオレンテx-ナへのレンタルから今まさにローマに戻ってこようとしているベロッティがコモトとパルマの注目の的に。彼はローマに残りそうにない。新たなFW達の獲得の可能性とますます激しいチーム内競争があるからだ。したがって彼は再起すべくユニフォーム変更を検討するかもしれないとのことです。 L'Unione Sardaによると一対一に強く、素早い選手達。それがメルカートに関してデ・ロッシ監督から与えられたモンタージュ像だ。ローマが注目する選手達の中にはカリアリ所属の02年生まれのアンゴラ人FW、ジト・ルヴンボもいるだろう。彼について最低2000万ユーロを求めるためカリアリのリクエストは現時点で高

ローマはピッチの外でも成長:収益とコストの間で飛躍

  さらに好転、さらに前進。 最終的なデータを待ちつつ、我々は早くも微笑むことができる。なぜならローマのバランス・シートの健全性は2023年に比べて確実に良くなっているからだ。実際、集計データは、パーセンテージで見ると、昨シーズンと比較して約40%の会計改善を物語る。常に会計に目を向けながら、クラブの強化に向かったフリードキン親子とリナ・スルクCEOによって進められた取り組みのおかげだ。 したがって、すでに過去2シーズンのそれ(2020-21は1億8500万ユーロの赤字、2021-22は2億1900万ユーロの赤字)よりも優れていた1憶300万ユーロの赤字に定まった決算により、すでに前シーズンと比較して改善が見込まれていた2022-23シーズンのバランス・シートの傾向が確認された。 さらにローマは3月31日に締め切られた四半期決算を承認したばかりで、クラ​​ブの一般歳入が17%増加(2023年3月と比較して)したことを明らかにした。新たなメイン・スポンサー'リヤド・シーズン)の到着とチケット収入がプラスに働いた。およそ12%のコストの引き下げも収支改善に影響した。 La Gazzetta dello Sport

ローマ、アンヘリーニョの獲得と明暗分かれた試合結果

イメージ
  ミランとの親善試合が行われました。以下試合のハイライト動画。試合の結果とメンバー表です。 MILAN-ROMA 2-5 (27' Baldanzi, 37' Theo, 45'+1' Abraham, 54' Angelino, 55' Okafor, 57' Dybala, 77' Azmoun) MILAN (4-3-3): Sportiello (46' Nava); Calabria (46' Thiaw), Kalulu (73' Simic), Gabbia (46' Tomori), Theo Hernandez (46' Bartesaghi); Reijnders (67' Zeroli), Adli, Pobega (67' Terracciano); Florenzi (46' Musah), Giroud (46' Okafor), Jimenez.  A disp.: Torriani, Loftus-Cheek, Jovic.  All. Daniele Bonera ROMA (4-2-3-1): Svilar (46' Boer); Llorente (56' Feola), Smalling, Huijsen (71' Della Rocca), Ndicka (82' Mirra); Bove, Aouar (82' Almaviva); Baldanzi (56' Nardozi), Dybala (82' Tumminelli), Angelino (71' Litti); Abraham (46' Azmoun). A disp.: Kehayov, Karsdorp. All. Daniele De Rossi Arbitro: Alirez Faghani Assistenti: Brad Wright - Arvin Shanmuganathan Quarto ufficiale: Shane Skinner Spettatori: 56.522 なお5月30日がローマのレジェンドである、アゴことアゴスティ-ノ