長続きするモデルを構築、もはやセリエAの3位になることができないだろう給与総額

 

Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによると

取り組みが進行中。

キエーザに関しては第一ゲームをプレイ(開始)するだろう。それは彼らの試合運びの特徴が理由でデ・ロッシに最も気に入られているプロフィールだ。来週中の代理人との会談はその懸案を掘り下げるのに役立つとみられる。スタメン組のチームを改良するために監督の指示に従うべくクラブの最初の対応となるだろう。取り組みの着手が進行中だ。長続きするモデルを構築するための3年間。構造的な目標がこれであり、デ・ロッシへよ3年間の契約とギソルフィさんへの同じ期間の契約を通じての目標だ。始まったばかりの共通の取り組みである。

持続可能性はオーナーから届いた最初のインプットだ。それは6年間欠場するチャンピオンズ・リーグによりもはやセリエAの3位になることができないだろう給与総額を意味する。ルカク、レナト・サンチェス、アズムンの高額給与達のレンタル終了による退団はクラブの金庫に更なる活力を与えるだろう。

クラブから漏れ出るもう一つの条件はまず売って、それから買うだ。ギソルフィさんはノンストップの夏の始まりにいる。彼は戦略上にない選手およそ10名を売らねばならないとみられる。それはスタメン組ではない選手達を捨てることを意味する。これらのうち、エイブラハム、ボーヴェ、ザレフスキは若く、市場で潜在的な価値を持つので、改善すべく狙いを定めた役割に再投資するために小さなお宝を資本化すべく犠牲になる可能性がある。つまりサイド選手2人、MF1人、FW2人だ。3人の売却は4000万〜5000万ユーロをクラブの金庫にもたらす可能性がある。スモーリングからチェリキ、カルスドルプからアウアールに至るまで販売中の他の選手達に関してはギソルフィさんのまあまあな奇跡が必要だろう。だが、ほかの獲得をたやすくするためこれらのさらなる売却はデ・ロッシのニーズにより近い陣容を与えるのに寄与するだろう。

とのことです。



コメント

このブログの人気の投稿

ミラン・ファンの皆さんへ、ASローマでのフォンセカ監督はこんな方でした

日本人SBへのローマの興味と移籍まで後一歩のアズムン?

ローマがものすごく気に入っている二人のFW

Sky Sportのメルカート展望、ローマの6名のアンタッチャブルな選手とは

ローマ、マンチェスター・シティのMFを追う?

ローマ、右SBの獲得で合意&フンメルスで応えたいデ・ロッシ

ローマ、フランス・リーグ最強のFWの一人の獲得レースに参戦か