ローマに提案されたゴーゼンスとパレデスへのスーペル・オファー

 

Leggoによると右SBではギソルフィさんがすでにニースへ望んでいたマンチェスター・シティ所属のイッサ・カボレに注目だ。彼の契約は2025年に切れ、1000万ユーロで獲得可能だとのことです。

Il Tempoによるとローマに1.FCウニオン・ベルリン所属のドイツ人左SBロビン・ゴーゼンスが提案されただろう。現在200万ユーロ近い年俸を受け取る彼は買い取りOP付きレンタルでやってくる可能性がある.代替案として最近ラス・パルマスからフリー・エージェントになったセルジ・カルドナも評価するだろうとのことです。

Sportitaliaの記者、ジャンルイジ・ロンガーリさんのXによるとセリエAへの復帰をプライオリティとして維持するロビン・ゴーゼンスは1.FCウニオン・ベルリンから売りにだされたまま。トリノとラツィオの調査の後、ローマもIl Tempoが報じたようにオペレーションのコストに関して問い合わせた。現時点では調査のためのコンタクトだとのことです。

La Repubblicaによるとボーヴェとアウアールは売りに出されているが、前者はイタリアの首都に留まり、再び自分を当てにするようデ・ロッシを説得することを願っていて、後者に関しては東洋のサイレンが鳴り続けている。だがギソルフィさんが実現したいだろう真のトレーディングはパレデスとだ。つまり、ル・フェーin、800万ユーロとバランス・シート上で負担になっているパレデスoutだとのことです。

Calciomercato.itによると数日前から経済的に物凄く重要なサウジアラビアのスーペル・オファーがパレデスの側近のテーブルに届いており、すべきことをよく検討中だ。ローマは選手に売却を強いるつもりはないが、トリワケ、ル・フェーが到着した後、彼を手放す気はあるだろうとのことです。

フランスle10sport.comによるとジョルジュ・ミカウターゼについてモナコとローマの決闘に。本人がヨーロッパのコンペティションでプレイしたいとの理由でウェスト・ハムがレースから外れ、2000万ユーロ以上のオファーを口頭で出したランスにとっても事態はより複雑になっている。オペレーションのコストは最大で2500万ユーロ達する可能性があるとのことです。

La Gazzatta dello Sportによるとサレルニターナがパガーノとレッジャーナにも追われているケルビーニを気に入っているだろうとのことです。


コメント

このブログの人気の投稿

ローマ、色が原因でアディダスの製品が取り除かれる

ローマ、MFを二人獲得か

ローマを望む3人と残留を勝ち取りそうな一人

ローマがしばらく前から追っているクロアチア代表MF

ローマ、抗議のコメントが殺到しており、#Friedkinoutも流行る

ローマ、GK獲得決定!

ローマとユーヴェ、キエーザについて合意