インテルとナポリはポリターノについて原則的な合意、ローマは他の名前に取り組む?


当サイトのTwitterよりムヒタリアンに関する話題です。


当サイトのTwitterより審判に関する話題です。なおTweetではジァンルカとなっているけれど正しくはジャンルカです。ごめんなさい。


Corriere della Seraによるとユヴェントゥス・スタジアムでの過去の対戦成績は9試合してローマの9敗。失点は21で得点は3とのことです。


コッパ・イタリアのユーヴェ戦招集メンバー

Portieri: Pau Lopez, Cardinali, Fuzato

Difensori: Jesus, Smalling, Kolarov, Cetin, Santon, Fazio, Mancini, Florenzi, Peres, Spinazzola

Centrocampisti: Cristante, Pellegrini, Veretout, Diawara

Attaccanti: Ünder, Kalinic, Estrella, Kluivert
ファシオが怪我から復帰しプリマヴェーラからエストレッラ君が召集されました。ジェコはコッパ・イタリアの2試合出場停止処分の2試合目で召集されていません 。

移籍情報


La Gazzetta dello Sportの記者であるニコロ・スキラさんのTwitterによるとジェズスはヴィオラだけを望む。彼はトルコとブラジルからのオファーにNoと言った。彼の願いはセリエAに残ること。彼は今ローマとの合意を見いだす必要のあるコンミッソ会長と3年契約で合意とのことです。

Il Tempoによるとアタランタのイバニェスは年俸およそ70万~80万ユーロの4年半契約。移籍形態は非常に容易に発生する800万ユーロの買い取り義務付き18ヶ月の無償レンタル+10試合出場で100万ユーロ、30試合出場で100万ユーロのボーナス。トータル1000万ユーロ(これに代理人や仲介者達への手数料およそ100万ユーロが加わる)でローマへ。選手は水曜日にヴィッラ・ストゥアルト病院でメディカル・チェックを行うとみられるとのことです。またイバニェスの代理人がRomapressに語ったところによるとメディカル・チェックと契約書への署名は木曜日になる可能性があるとのことです。

イギリスThe SUNによるとウェストハムのモイーズ監督はエンゾンジをプレミア・リーグへ連れ戻そうとしている。エンゾンジはレンタルでローマから移籍することができオファーに対応中だとのことです。

Legooによるとポリターノはローマだけを望んでおりインテルのマロッタCEOとペトラーキさんを仲直りさせる任務を代理人のリッピさんに与えた。マロッタさんはペトラーキさんの発言(アウジリオさんとマロッタさんの間に短絡があり何かが上手くいっていないと述べたこと)後激怒したがインテルのアウジリオSDはなおさらだ。取引を立て直すのは困難だ。代替案はプレミアの幾つかのクラブも好むレアル・ソシエダのヤヌザイのほかヘルタ・ベルリンのオランダ人ジャバイロ・ディルロスンがあるとのことです。

La Gazzetta dello Sportoによるとザニオーロの代わりをとして最も熱い名前はペトラーキさんが首都へ連れ戻そうとしているポリターノであるがそうしてる間も幾つかの面で作業が行われている。実際ペトラーキさんは48時間以内にローマの他にもミランとプレミアリーグのチームの強い関心があるであろうレアル・ソシエダのヤヌザイに決定的な答えを与える可能性がある。代替案の中にはリヴァプールのシャキリもあり、ローマは買い取りOP付きレンタルを要求する。しかしこのオペレーションを納得していないのは1月にシャキリの放出を望んでいないであろうリヴァプールのクロップ監督だとのことです。

Il Tempoによるとポリターノのローマ復帰に関して明かり窓の明かりは小さな灯火へと縮小した。トリゴリアでは他の名前に取り組む準備が出来ており、ペトラーキさんはシャキリとヤヌザイに加えユヴェントゥスのベルナルデスキの解決策の代替案を考えた。一方ミランのスソは彼の魂を湧き上がらせないプロフィールだ。ペトラーキさんは昨年の夏からベルナルデスキを気に入っており、コッパ・イタリアでのユーヴェ戦の際にパルマ戦でベンチに座ったままだったベルナルデスキの失望に期待して新たな調査が行われる可能性が高い。ベルナルデスキはユーロ出場を逃がしたくなく(先月は1試合だけ出場)、ローマ行きは歓迎されるとのことです。

ディ・マルツィオさんによるとナポリとインテルはポリターノの移籍について原則的な合意に達した。この取引はローマが保証できない移籍形態である完全移籍もしくは条件なしの買い取り義務付きレンタルに基づいて定式化された。これはおそよ2500万ユーロのオペレーションだ。ナポリは既に明日選手との合意を見いだそうとするとみられる。ポリターノはローマを待っていたがナポリ行きにはオープンでローマがレイズするかどうかまだ分からないが、そうしないなら彼はすぐにナポリの選手になり得るとのことです。

ヤヌザイの代理人であるDirk de Vrieseさんはcalciomercato.comのインタビューにてローマとミランから関心がありヤヌザイが1月にセリエAのクラブに移籍する可能性があることを認めました。

イギリスmirror.co.ukによるとセビージャとローマはリヴァプールのシャキリについて今月レンタル移籍ベースでのアプローチを試みたがクロップ監督は今月のファースト・チームの選手達の放出の可能性を否定した。ローマとセビージャ、そのほかの人達はシャキリについては夏に2550万ポンドほどで放出が可能になることが伝えられたとのことです。

Tele Radio Stereoによるとクロップ監督の抵抗にもかかわらず、リヴァプールとのシャキリについての通路は再開された。両クラブは買い取りOP付き無償レンタルに取り組む。リヴァプールの答えは二日以内に期待されているとのことです。

Corriere dello Sportの記者であるヤコポ・アリプランディさんのTwitterによるとウンデルはローマに残る。ペトラーキさんはスソとのトレードに納得しておらず(その上ミランは差額を挿入すること望んでいない。)、ウンデルの復活を確信していて売却についての評価を6月まで待ちたいとのことです。

Australasian Soccer Academyのイタリア系オーストラリア人MFクリスティアン・ヴォルパート君は自身のInstagramでローマと2022年までの契約を結んだことを明かしました。彼はローマのU-17に加入するとみられています。



コメント

このブログの人気の投稿

世界の中心へ愛を叫ぶ

ローマとバルセロナはペレスについて妥協を探す、チェルシーのペドロとコンタクト、エル・シャラウィは戻りたいだろう

フロレンツィがバレンシア移籍に傾いた理由

到着したビジャル、明日上陸するカルロス・ペレス、そしてフロレンツィ

ペトラーキさんはローマを去り得る

デ・ロッシ「俺は誰のために走ったか! 俺は誰のために闘ったか! 俺は誰のために死んだか!」

ローマ、カルロス・アウグストを確保しリンガードに興味&ペトラーキさんの激怒と無罪