ローマに売り込まれたミランのレインデルスとフラッテージにほぼ毎日電話するデ・ロッシ


ローマはジョレンテのレンタル・バックとけるびーにとの契約更新を公式発表しました。


RomaForever.itのX「フィウミーノ空港でル・フェーを待つギソルフィさん「彼はここにこられて、そして彼を歓迎するために君たちがそこにいることが嬉しいよ。ローマにとって重要な補強だが、メルカートに関するその他の質問には答えないよ。」


ローマは数十年に渡って選手のメディカル・チェック等をヴィッラ・ストゥアルト病院で行ってきたけれど、その関係に一先ず終止符が打たれたそうです。 la Repubblicaによるとトリゴリアで進行中の支出見直しに沿って、ローマは全ての医療活動を入札に出すことを決めた。この入札はまだ行われておらず、ローマはオファーをだすように求め、すべてのパートナーを召集した。その間にプレシーズンのメディカル・チェックを実施できるか尋ねた。ヴィッラ・ストゥアルトとマーテル・デイの2施設だけがその呼びかけに肯定的な反応をした。ローマは今季からマーテル・デイ総合病院を信頼しパートナーを変更することにしたとのこと。またその変更理由についてはローマが、契約のオファーと引き換えにヴィッラ・ストゥアルトが選手達のスポーツ・フィットネス検査を実施するよう求めたのに対し、マーテル・デイは何の主張もしなかったからとする一方でヴィッラ・ストゥアルト側はスタジアムへ広告を出す代わりに全ての医療活動を無償で行うという提案だったので、ローマとの交渉を打ち切ったとしており、意見が食い違っているようです。

Il Tempoによると2010年から2019年までローマのマッチ・アナリストだったシモーネ・ベッカッチョーリさんがデ・ロッシのスタッフとしてローマに帰ってきたとのことです。

ilmessaggero.itによるとローマは7月22日にラティーナ及びコシツェと練習試合を行い、夏のトレーニング・キャンプの後半戦を行うべくイギリスに飛ぶ前にリエーティで8月3日にオリンピアコスと親善試合をおこなうとみられるとのことです。


移籍情報

ディ・マルツィオさんがSkyの番組、"Calciomercato - L'Originale”で述べたところによると(構想外の)カルスドルプの代わりに関して、アルメリア所属で2003年生まれのスペイン人マルク・プビルとトゥールーズ所属で2000年生まれのノルウェー人ワーレン・カマンツィの名前が出てきたとのことです。

pianetalecce.itによるとローマは左SBのアントニーノ・ガッロについておよそ400万~500万ユーロのオファーをしたが、レッチェは彼をおよそ1000マンユーロと評価するとのことです。

 Calciomercato.itによるとミランの中盤の補強のファースト・ターゲットはユスフ・フォファナのまま。イブラが繰り返したように、ミランは大きすぎる陣容を望んでおらず、したがって加入するいかなる選手についても少なくとも一人の放出が予想される、いかなる重要な選手であってもだ。この点でサウジのクラブがべナセルに強い興味を持っていることはすでに伝えたが、彼に加えて予期せぬ放出があり得る。セリエAでのデビューシーズンは好調であったにもかかわらず、タイアニ・レインデルスさえもミランの経営陣から売価役不可と見なされていない。実際、彼はローマに売り込まれた。ジャッロロッサのクラブはまだミランに返答していない。支出がローマにとっては非常に重要なものになるだろうことから、特に経済的な観点でオペレーションの実現可能性を評価しているところだとのことです。

Leggoによるとフラッテージの電話は彼を説得しようとしているデ・ロッシによってほぼ毎日鳴り響く。だがインテルが本気で彼をメルカートに出さばい限り、彼にインテルを去る意思はないとのことです。

Sky Sportの記者、アンジェロ・マンジャンテさんのXによるとキエーザはローマとデ・ロッシの優先事項のまま。要点はローマとユーヴェ間の合意ではない。両クラブ間の解決策は問題ない。だが現時点でキエーザは時間を取る。UCLでプレイするクラブが見つかるかどうか理解したい。全てはただ彼のオープニングのみに依存するとのことです。

ディ・マルツィオさんによるとキエーザは落ち着て自身の将来を決めたい。彼は7月20日に結婚し、その後ユーヴェのトレーニング・キャンプに参加する意向がある。その時点で彼は自分の将来の可能性を評価する必要があるとみられる。その可能性の中には2025年6月の契約満了まで留まることでユーヴェに残留するというのもある。実際クラブは一度も彼に契約更新を提案しなかった。さもなければメルカートからある提案を評価しなければならないとみられる。いずれにせよ彼は自身を依然として有力であると感じており、決断を急ぎたくないとのことです。

TuttoMercatoWebによるとローマはここ数日でフリー・エージェントノメンフィス・デパイの状況を理解すべく調査を試みた。返答は明確だった。どの行先でも彼に受け入れさすためには給与が(非常に)高くなければならないだろう。おそらく多少交渉可能な年俸500万ユーロ+ボーナス、それとフリー・エージェントなので契約ボーナスもいる。要するにローマがMFのル・フェーに関して重要な投資を行ったこともあって、もつれた状況だとのことです。

Leggoによると攻撃陣の補強ではローマはモナコも追っているメス所属のジョルジュ・ミカウターゼをとても気に入ってるとのことです。

コメント

このブログの人気の投稿

ローマ、色が原因でアディダスの製品が取り除かれる

ローマ、MFを二人獲得か

ローマを望む3人と残留を勝ち取りそうな一人

ローマがしばらく前から追っているクロアチア代表MF

ローマ、抗議のコメントが殺到しており、#Friedkinoutも流行る

ローマ、GK獲得決定!

ローマとユーヴェ、キエーザについて合意